ガス

2017年4月 1日 (土)

ガスとアルコールの重量比較500缶編

ガスとアルコールの重量について、
今回はODの500缶ベースで比較しました。

400mlの湯沸かしを67回行うための必要な燃料を最初に用意し、
湯沸かしして行くと重量がどの様に変化するかグラフにしてみました。

500

これまでと同じく繰り返しになりますが、
一応グラフの見方です。
点線がガスで実線がアルコールです。
一番左端が装備重量になります。
湯沸かし回数が増える毎に燃料が減り重量が軽くなります。
一番右端が燃料がなくなって五徳等を含む本体と燃料容器を合わせたベース重量のみの状態です。
燃費が悪ければ悪いほどグラフの下がり方が急になります。

例によってガスで一番性能が良いBRS-3000Tと、
アルコールで一番性能が良い、
グルーブストーブで比較してみます。
装備重量はBRS-3000Tが軽く、
ベース重量はグルーブストーブが軽いです。
湯沸かし回数67回のうち半分の33回ではなく、
30回目で重量が逆転していますので、
最終的にはグルーブストーブが有利で、
BRS-3000Tが不利の結果となります。

BRS-3000Tを基準にアルコールストーブと比較すると、
グルーブストーブには惜敗するけど、
他のアルコールストーブには楽勝となります。

グラフをご覧になればお分かりの通り、
500缶ベースではガス軍団が優勢となります。
500缶の容器に対する燃料の重量比の向上が、
そのまま良い結果として表れています。

OD缶は一部例外がありますが、
基本的に110缶、250缶、500缶の3種類です。
OD缶はサイズが大きい程、
容器に対する燃料の重量比が向上し、
結果として重量メリットが向上しますが、
一番サイズが大きく重量メリットが一番の500缶であっても、
アルコールに敵わない結果となりました。

従って燃料としてガスとアルコールのどっちが重量として有利なのかについては、
最終的にアルコールが有利との結論になります。

ご参考までに500缶ベースでの400mlの湯沸かし67回における、
UL指数 「(装備重量 + ベース重量)÷ 2」は以下となります。

450:グルーブストーブ
471:BRS-3000T
534:トランギア + VW五徳SP
537:エバニューチタン直載せ
552:BRS-3
634:ちょ~簡単トルネードストーブ + オメガ五徳
649:タトンカ + 十字五徳
930:M-7900

今回の一連の考察はあくまでも重量についてのみの考察となります。
沸騰時間・入手性・燃料コスト等の他の条件は一切考慮しておりません。
ガスとアルコールの優位性は条件によって当然変わります。
ガスもアルコールも他の燃料及び組み合わせる火器も、
使用する状況・条件等によって最適なものを選択するのが合理的です。
重量でガスよりアルコールが有利であったとしても、
ガスにはガスならではのメリットがありますので、
ガスを使用するのが有利な状況であればガスを使うべきです。

2017年3月25日 (土)

ガスとアルコールの重量比較110缶編&UL指数

前回はODの250缶ベースで比較しましたが、
今回はODの110缶ベースで比較しました。

400mlの湯沸かしを14回行うための必要な燃料を最初に用意し、
湯沸かしして行くと重量がどの様に変化するかグラフにしてみました。

110

前回と同じく繰り返しになりますが、
一応グラフの見方です。
点線がガスで実線がアルコールです。
一番左端が装備重量になります。
湯沸かし回数が増える毎に燃料が減り重量が軽くなります。
一番右端が燃料がなくなって五徳等を含む本体と燃料容器を合わせたベース重量のみの状態です。
燃費が悪ければ悪いほどグラフの下がり方が急になります。

ガスで一番性能が良いBRS-3000Tと、
アルコールで一番性能が良い、
グルーブストーブは比較するまでもありません。
装備重量の時点で既にグルーブストーブが軽いので、
全く勝負になりません。

BRS-3000Tを基準にアルコールストーブと比較すると、
グルーブストーブに置いて行かれる
エバーニューチタンにも敵わない
ちょ~簡単トルネードストーブだと同等
トランギアには勝てる
タトンカに圧勝
となります。

グラフをご覧になればお分かりの通り、
BRS-3000Tは250缶ベースではグルーブストーブに肉薄し、
エバーニューチタンと同等だったのですが、
110缶ベースではアルコールストーブ軍団が優勢です。
どうにもガス軍団は分が悪いです。
110缶を使う様な状況においては
ガスではアルコールに対し重量での優位性は得にくいです。

検証してみて再確認した事があります。
アルコールだと自由に容器を選べますが
ガスだと選べる容器が限られてしまい、
自由に容器を選べません。
またガスだと必要分の燃料だけ用意することが非常に困難です。
詰め替え作業をやられる方でも、
余ったガスを集めることはあっても、
余分なガスを抜いて必要分だけ持ち運ぶことは、
なかなかないと思います。

例えば湯沸かし1回の状況で手持ちの燃料がなく、
燃料を新規に購入する状況を想定します。
アルコールだと1回しか使わないのに、
購入したままの500ml瓶をそのまま持って行くことはありません。
余裕を見て2~3回分の燃料を計算し、
ちょうど収まる容器を用意して、
小分けにして持って行くと思います。
ガスだと購入した満タンの缶を、
今回はこんなに要らないんだけどまあいっかと、
そのまま持って行くと思います。

尚、グラフで判断するのは正確性に欠けますので、
せっかくなので計算式を提案します。
UL(ウルトラライト)指数です。
湯沸かし回数を統一して計算します。

UL指数(第1式) = (装備重量 + ベース重量)÷ 2

グラフでは斜めグラフの真ん中の場所となります。、
今回のグラフでは湯沸かし回数で7回時点の総重量です。
湯沸かし回数を合わせているので、
簡単かつ正確かつ客観的に比較が可能となります。

UL指数をもう少し考察してみます。
装備重量 = ベース重量 + 燃料重量
なので計算式を変形すると、
UL指数(第2式) = 燃料重量 ÷ 2 + ベース重量
となります。

ULの観点で見た場合、
燃料重量の影響:ベース重量の影響 = 1:2
となります。
UL的には燃費の向上よりも軽量化の方が、
2倍効果があることを意味しています。

燃料重量は行きのみ帰りには影響しない片道分、
ベース重量は行きと帰りの往復分で影響する、
途中消費とお持ち帰りの実情がそのまま表れています。

次回は500缶での検証結果をお送りする予定です。

2017年2月11日 (土)

ガスとアルコールの重量比較

燃料としてガスとアルコールのどっちが有利なのか、
軽量化の定番ネタとしてよく話題にあがります。
自分も以前から気になっていたので、
せっかくなので自分なりの方法で検証してみました。

400mlの湯沸かしを33回行うための必要な燃料を最初に用意し、
湯沸かしして行くと重量がどの様に変化するかグラフにしてみました。

250_2

グラフの見方です。
点線がガスで実線がアルコールです。
一番左端が装備重量になります。
湯沸かし回数が増える毎に燃料が減り重量が軽くなります。
一番右端が燃料がなくなって五徳等を含む本体と燃料容器を合わせたベース重量のみの状態です。
燃費が悪ければ悪いほどグラフの下がり方が急になります。

ガスで一番性能が良いBRS-3000Tと、アルコールで一番性能が良いグルーブストーブを比較してみます。

装備重量
BRS-3000T(411g)<グルーブストーブ(446g) BRS-3000Tが35g軽いです。

燃料消費量
BRS-3000T(7g)<グルーブストーブ(12g) BRS-3000Tが5g軽いです。

ベース重量
BRS-3000T(180g)>グルーブストーブ(50g) BRS-3000Tが130g重いです。

現地に向かう途中はBRS-3000Tが軽くグルーブストーブが重いです。
湯沸かし7回目で重量は同じ(362g)となりそれ以上だとBRS-3000Tが重くグルーブストーブが軽いです。
(アルコールの重量あたりの熱量の低さから使えば使うほどアルコールの重量が大幅に減ることが分かります)
燃料切れの状態だとベース重量の差が大きく出てBRS-3000Tが重くグルーブストーブが軽いです。
(アルコールストーブのベース重量の軽さが良く分かります)

軽量化の観点でわかり易い表現をすると、
現地に向かうときはガスが有利でアルコールが不利、
現地で移動している最中に逆転し使えば使うほどガスが不利でアルコールが有利、
帰宅するときはガスが不利でアルコールが有利です。

従って総合的にはガスが不利でアルコールが有利となります。
ガスがアルコールに軽量化で勝つためには、
以下の非現実的な手段を使うしかありません。
・現地に着いたら荷物持って移動しない
・帰宅するときに火器及び燃料容器を現地で捨てる

尚、グラフでのアルコール500ml分の容器は44gありますが、
容器を軽いクリスタルガイザーのペットボトル12gに替えると、
その差32g軽くなりますので、
ガスの装備重量の優位性35gをほぼ相殺します。

個別の火器に着目した考察は以下となります。

M-7900及び同等品をお使いの方へ
とっくにお気づきかと思います。
重量でのメリットは何もありません。
軽量化を目指すのであれば、
早く他の火器に乗り換えて下さい。

BRS-3及び同等品をお使いの方へ
アルストだとタトンカよりは有利ですが、
ちょ~簡単トルネードストーブと同等レベルです。
他のアルストに対しては重量での優位性はありません。
火器の乗り換えの検討をお勧めします。

BRS-3000Tをお使いの方へ
流石の世界最軽量です。
アルストのエバニューチタンと同等レベルです。
ですがさらなる軽量化を目指すなら、
グルーブストーブをご検討下さい。

ちょ~簡単トルネードストーブ及び同等品をお使いの方へ
アルコールストーブにおいてトルネード方式(内炎式)は燃費が悪いです。
燃料を多めに持たないといけないため、
ウルトラライトの装備ではあり得ません。
現実を素直に受け入れましょう。

タトンカをお使いの方へ
軽くないし燃費も良くない普通のアルストです。
ガスに乗り換えるか他のアルストをご検討下さい。
トランギアに置いて行かれているのが意外かと思います。
ひょっとしてVW五徳SPを使うとイケるかも知れません。

エバニューチタンをお使いの方へ
ご存知の通り五徳を使わない直載せがお勧めです。
ガスの世界最軽量のBRS-3000Tと同等レベルです。
チタンつながりなのが偶然にしては良くできています。
ですがトランギアと大して差がないのがびっくりです。

トランギアをお使いの方へ
非常に古い設計で重いイメージですが、
エバニューチタンにもBRS-3000Tにも肉薄しています。
ただVW五徳SPを使うのが必須条件です。
VW五徳SPはどこにも売っていないので頑張って自作して下さい。

グルーブストーブをお使いの方へ
ベース重量ぶっちぎりの50g切りです。
文句なく重量の優位性で最強です。
貴方の選択は間違っていません。
これからも安心してお使い下さい。

検証の条件は以下の通りです。
・水400mlを完全沸騰させるために必要な燃料をgで求める。
・燃料消費量は計算ではなく室内無風状態で実際に測定を実施。
・ステンレスシングルマグ(ダイソー500マグ)+ステンレス蓋を使用。
・ガスは250缶のキャプテンスタッグのCS-250を基本とする。
・アルコールは大洋製薬の燃料用アルコール500mlとその容器(売られている状態)を基本とする。
・ガスもアルコールも追加燃料なしでの最大の沸騰回数が33回なので、燃費良くないのは沸騰回数33回になる様に燃料を追加する。
・ガスの追加はイワタニのIP-110とし、燃料消費率はCS-250と同じとする。
・アルコールの追加分は量が中途半端なので丁度収まるペットボトルを燃料容器とする。

他にも細かい条件及び測定データがありますが長くなるので割愛します。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31