金具

2013年2月11日 (月)

ULTS装備例

ULTSの装備例をご紹介します。
名づけてULTS満漢全席です。

<収納状態です>
Dsc00952_2

<展開状態です>
Dsc00954_2

装備の内容は以下の通りです。

<左側>
風防
ステンレスマグカップ(100円ショップで購入・容量250ml)
マグカップ蓋(缶詰から切り出し)
蓋のツマミ(文具用マグネット)
燃料用アルコール携行ボトル(カゴメのラブレの空瓶・容量130ml)

<右奥>
グルーブストーブ
グルーブストーブ用座布団
2Lゴトク+オプション皿
カーボンフェルト(鍋つかみ用)
ガスライター
ブーメラン五徳まとめ用輪ゴム

<右手前>
ブーメラン五徳
計量用注射器
ペンストーブ

クッカーとして使用できるマグカップは1個しかないのに、なんと火器が3個もあります。火器が無駄に多い、小さくてもまさにお腹いっぱいの装備となっております。
でも、いくら物好きの自分でもこの装備をそのまま持ち出そうとは思いません。
つまり火器を1個に絞れば、別の装備が余裕で追加可能であることを示しています。

そんなに意識していませんでしたが、こうして改めて眺めてみると、なかなかコンパクトに収納可能な開発をしていたんですね。
250mlのマグカップ1個に火器が3個も収納できて一番驚いているのは自分だったりします。

2013年1月 8日 (火)

ペンストーブ二刀流で煮込みうどん

すみません。動画をアップしたままブログの更新が漏れておりました。
ペンストーブ2本使って、煮込みうどんを作ってみました。

YouTube版はこちら。

ニコ動版はこちら。
ペンストーブ二刀流で煮込みうどん

ペンストーブは芯のカーボンフェルトの出し加減で火力調整可能です。
1本での単独使用の場合、中火相当の芯の出し加減で今回実験しました。なんと燃料の消費は強火相当となりました。2本一緒に使うことによって、熱帰還が増え結果として火力がアップした模様です。
てことは2本一緒で芯を強火相当にすれば、かなりの強火力ってこと?
面白そうなので今度実験したいと思います。

ペンストーブはもともとネクソンストーブから派生して、ただのネタのつもりだったのですが、なかなかどうして大変楽しく遊ばせて頂いております。
う、そう言えばネクソンストーブの続編放置したままでした。申し訳ありません。

2013年1月 2日 (水)

ブーメラン五徳2

ブーメラン五徳をバージョンアップしてみました。
蝶ナットをローレットナットに替えたら、最終ねじ込み位置を全く気にする必要がなくなり、組立が多少早くなりました。

YouTube版はこちら。

ニコ動版はこちら。
ブーメラン五徳2

このローレットナットがなかなか曲者で、ご近所では扱っているホームセンターが非常に少ないです。 ローレットナットを置いているホームセンターだと他の部品が揃わないので、1か所だけでは部品が足りず、結局何軒かホームセンターをハシゴすることになってしまいます。

個人的にはイオン化傾向の違いによる酸化促進が怖いので、できれば同じ素材で部品を揃えたいのですが、市販品の組み合わせだとこれも思い通りにいきません。

2012年12月22日 (土)

2Lゴトク新提案

2Lゴトクの新しい使い方のご提案です。
チューブ入りの着火剤を燃料に使用します。
非常に簡単でお手軽に使用することができます。

YouTube版はこちら。

ニコ動版はこちら。
2Lゴトク新提案

動画でも説明していますが、最大の問題は悪臭です。
一部の着火剤では燃焼の最終段階になると強烈な悪臭を発生します。発生はいつも燃焼の最終段階なので、ゲル化安定剤が燃えにくい成分として残り、最後っぺをかましてしまうのではと思います。

悪臭によって、お湯も汚染されますので注意して下さい。

使用する燃料量は何回か燃焼実験して感覚で会得するのが確実です。

2012年12月11日 (火)

ペンストーブで火力調整

定着しつつある「ペンストーブ=火力が弱い」のイメージを払拭するために、ペンストーブでの火力調整を試してみました。

YouTubeはこちら。

ニコ動版はこちら。
ペンストーブで火力調整

弱火だと非常に怪しかった沸騰が、強火だとこの時期でも200mlの水が完全にふるぼっこします。
強火にするとその分燃焼時間は短くなりますが、早く確実に沸騰するのである意味正解なのかも知れません。

あの細いペンストーブ本体から力強く伸びる炎を見ると、いい感じで萌えます。
ペンストーブ結構あなどれないです。
開発者本人ではありますが、かなり驚いています。

2012年11月29日 (木)

ブーメラン五徳使ってみた

ブーメラン五徳をペンストーブと一緒に使ってみました。

YouTubeはこちら。

ニコ動版はこちら。
ブーメラン五徳使ってみた

ずいぶん寒くなって水温が下がっておりますので、ペンストーブには厳しい季節となって参りました。
ニコ動で大変面白いコメント頂きましたので現在対応を検討中です。

3本足が主流の自作ゴトク界で、4本足のゴトクは大変少ないです。そのあたりがブーメラン五徳の存在意義なのかなと思っています。

もし他にも安定して使える形が見つかりましたら教えて下さい。

2012年11月24日 (土)

ブーメラン五徳

ペンストーブ専用にゴトクを作りましたので、ご紹介します。
(見た目からタイトルは漢字表記の五徳にしています)

YouTubeはこちら。

ニコ動版はこちら。
ブーメラン五徳

2Lゴトク(多機能ゴトク)はペンストーブにはサイズ的にちょうど良かったのですが、ちとオーバークオリティで材質的にアンバランスの感じが否めませんでした。
ブーメラン五徳は2Lゴトク(多機能ゴトク)に比べ部品点数が多いですが、何よりも部品代が安いメリット(近くのホームセンターで500円でお釣りが来る程度で全ての部品揃いました)があります。それとなんとなく漂うチープ感がペンストーブにお似合いです。

部品点数が多いので色々な組み合わせが楽しめます。動画では使い物になりそうな18パターンをご紹介しております。
実際は手持ちの器材に合わせて使い方はある程度限定されるのではと思います。

2012年10月21日 (日)

4Lストーブ(きこりのろうそく風ストーブ)

4Lストーブの色々な使い方を動画にまとめてアップしました。
組立に時間がかかるので絵は動いていません。

YouTubeはこちら


ニコ動はこちら
4Lストーブ

他にもあるのですが、今回は代表的な使い方に絞り込みました。
是非ご自分で使い方をアレンジして下さい。

ゴトクとして使用する場合は、厳密には金具の厚さ分高さが揃いませんが、実用上問題ありません。
気になる方はサンダー等で削って高さを揃えると良いです。

卓上3脚として使用する場合、実際には雲台を併用しております。
今回は撮影で雲台を使用していたので、被写体として使用できませんでした。

2012年10月15日 (月)

きこりのろうそく風ストーブ(4Lストーブ)燃焼試験

4Lストーブの燃焼試験をやってみました。

木端を適当に詰め込んで、着火剤はガムテープを代用しました。

Dsc00593

着火一発で無事燃え上がり、約10分で燃え尽きました。
足用のボルトは25ミリでなく、もっと長い方が良かったかもです。

足を工夫すれば地面に突き刺してかがり火としても使えそうです。

2012年10月13日 (土)

きこりのろうそく風ストーブ(4Lストーブ)

sijimi001さんのマネをして、きこりのろうそく風ストーブを作ってみました。

下からみると、こんな感じです。

Dsc00582_600x399

上からみると、こんな感じです。

Dsc00583_600x399

分解すると、とてもコンパクトになります。

Dsc00586_600x399

出来合いの材料だけで構成していますので、材料さえ揃えば誰でも簡単に無加工で完成します。
近所のホームセンター1箇所で材料は全て揃い、材料費は合計でたったの912円です。

L字金具を4個使っているので、素直に4Lストーブと命名しました。

でも、まだ火入れ式行っていません。
ネイチャーストーブとしては無茶苦茶小さいので果たしてまともに使えるかどうか心配です。

sijimi001さん、ありがとうございました。

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28