ネイチャーストーブ

2014年7月30日 (水)

多目的ゼロストーブ

すみません連続でゼロストーブネタです。
今回はスチール缶でゼロストーブを作ってみました。

YouTube版はこちら。

ニコ動版はこちら。
多目的ゼロストーブ

今回の特徴は以下となります。
・スチール缶を使っている。
・内壁がかなり特殊な形状をしている。

これによってゼロストーブは、
ネイチャーストーブとしても、
問題なく使用可能となります。

スチール缶は加工が大変な上に、
手入れサボるとすぐ錆びるしで、
扱いがやや面倒ではありますが、
アルミ缶では得られない、
ゼロストーブの新しい使い方として、
十分なメリットがあると思います。

尚、通常のゼロストーブの設計寸法では、
固形燃料は燃焼を持続できません。
マグカップを載せた瞬間に鎮火します。

燃料用アルコールが切れたとしても、
固形燃料だけでなく、
紙クズや小枝や枯葉等、
燃えるものならなんでも燃料にできます。

アルコールストーブとしてなら、
汚れは全く気にする必要はありません。
ネイチャーストーブとして使用すると、
マグカップに煤汚れは付くし、
缶の塗装焼けは凄いしで、
何らかの汚れ対策が必要となります。

特にネイチャーストーブとして使用すると、
最初は缶の塗装が燃えて盛大な煙と匂いが発生します。
これは事前に塗装を落とすか空焼きすると、
回避可能ですのでお試し下さい。

2013年1月27日 (日)

引手五徳

今回は趣を変えまして、襖の引手で五徳を作ってみました。

YouTube版はこちら。

ニコ動版はこちら。
引手五徳

今回は追加加工全くありません。
M3のスペーサーと襖の引手を買って来て、組み立てるだけで、これまでにない全く新しいタイプの五徳が簡単に完成します。

ただスペーサーが結構高いので部品を購入する際はある程度覚悟して下さい。
自分はこれまでなかなか覚悟が決まらないままでしたが、本日やっと思い切ることができました。それでもホームセンターで実物手にして30分悩みましたけれど。

2012年10月21日 (日)

4Lストーブ(きこりのろうそく風ストーブ)

4Lストーブの色々な使い方を動画にまとめてアップしました。
組立に時間がかかるので絵は動いていません。

YouTubeはこちら


ニコ動はこちら
4Lストーブ

他にもあるのですが、今回は代表的な使い方に絞り込みました。
是非ご自分で使い方をアレンジして下さい。

ゴトクとして使用する場合は、厳密には金具の厚さ分高さが揃いませんが、実用上問題ありません。
気になる方はサンダー等で削って高さを揃えると良いです。

卓上3脚として使用する場合、実際には雲台を併用しております。
今回は撮影で雲台を使用していたので、被写体として使用できませんでした。

2012年10月15日 (月)

きこりのろうそく風ストーブ(4Lストーブ)燃焼試験

4Lストーブの燃焼試験をやってみました。

木端を適当に詰め込んで、着火剤はガムテープを代用しました。

Dsc00593

着火一発で無事燃え上がり、約10分で燃え尽きました。
足用のボルトは25ミリでなく、もっと長い方が良かったかもです。

足を工夫すれば地面に突き刺してかがり火としても使えそうです。

2012年10月13日 (土)

きこりのろうそく風ストーブ(4Lストーブ)

sijimi001さんのマネをして、きこりのろうそく風ストーブを作ってみました。

下からみると、こんな感じです。

Dsc00582_600x399

上からみると、こんな感じです。

Dsc00583_600x399

分解すると、とてもコンパクトになります。

Dsc00586_600x399

出来合いの材料だけで構成していますので、材料さえ揃えば誰でも簡単に無加工で完成します。
近所のホームセンター1箇所で材料は全て揃い、材料費は合計でたったの912円です。

L字金具を4個使っているので、素直に4Lストーブと命名しました。

でも、まだ火入れ式行っていません。
ネイチャーストーブとしては無茶苦茶小さいので果たしてまともに使えるかどうか心配です。

sijimi001さん、ありがとうございました。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31