« 2015年8月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年9月

2015年9月27日 (日)

コーヒードリッパー雫を使ってみた

自作のコーヒードリッパーで、
実際にコーヒーを淹れて見ました。

YouTube版はこちら。

ニコ動版はこちら。
コーヒードリッパー雫を使ってみた

針金なので頼りなくペーパーフィルターの、
形が崩れて漏れてしまう様に感じますが、
ご覧頂ければお分かりの通り、
普通にコーヒードリッパーとして使えます。

ペーパーフィルターは円錐形タイプではなく、
その辺で売っている台形タイプを使用します。
円錐形タイプじゃないと困る方は、
中央部を螺旋形に加工されると良いかと思います。

全体の長さは約60cmぐらいです。
最初に針金を75cmに切って加工を始めて、
最終的に余った部分を除去しました。

加工に使った工具は以下の通りです。
・ワイヤーカッター(切断用)
・ヤスリ(切断面のバリ取り)
・ラジオペンチ(曲げ)

針金はステンレスを使用しています。
はっきり言って曲げるの大変です。
特にシンメトリーに加工するのは無茶苦茶大変です。
機能だけ確保できれば問題なく使用できますので、
仕上がりにはいったん目をつぶって、
まずは試されることをお勧めします。

コーヒードリッパー雫

今回は趣向を変えて針金をグネグネして、
コーヒードリッパーを作ってみました。

YouTube版はこちら。

ニコ動版はこちら。
コーヒードリッパー雫

動画を見ればお分かりの通り、
大変コンパクトに収納可能です。
ペーパーフィルターの大きさにも、
カップ径の違いにも柔軟に対応可能です。
カップに単に載せるのではなく、
挟み込んで固定するので安定性抜群です。
汚れる部分が極小なので洗うのも簡単です。
ペーパーフィルターと密着しないので、
風味を損なうガスは発生しません。
とにかく長所がいっぱいです。

無理やり短所を挙げるとすれば、
ステンレスで作っているので加工が面倒。
現物合わせで作っているので寸法データがない。
ぐらいでしょうか?

実はお題自体は2年くらい前に、
ジョニーさんから頂いておりました。
その当時はコーヒーを嗜む習慣自体がなかったので、
コーヒーを嗜む所から初めたため、
作るまでかなり時間がかかってしまいました。

ジョニーさんお題ありがとうございました。
そして遅くなって申し訳ありませんでした。
お気に召して頂けましたでしょうか?

« 2015年8月 | トップページ | 2015年11月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31