« ファロスストーブNo.1サイレントバーナー | トップページ | スリーテン公式の実践例 »

2015年4月13日 (月)

スリーテン公式の解説【概要】

簡単にスリーテン公式を解説します。

グルーブストーブをさらに別の容器に入れると火力を制限できます。
これは一般的なアルコールストーブにおけるジマーリングに似ています。

Photo

D1はグルーブストーブの直径です。
D2は別の容器の直径です。
D2 - D1が10ミリを切ると火力制限ができなくなります。
Hは別の容器とポットの底との隙間です。
Hの計算で = は最小火力を意味します。

普通のグルーブストーブで大き目のポットを使うと暴走します。
しかしこの公式を使うことでサイズ制限がなくなります。
グルーブストーブで煮込み料理が作れる様になります。

回答動画はもう少しお待ち下さい。

« ファロスストーブNo.1サイレントバーナー | トップページ | スリーテン公式の実践例 »

アルコールストーブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スリーテン公式の解説【概要】:

« ファロスストーブNo.1サイレントバーナー | トップページ | スリーテン公式の実践例 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31