« スリーテン公式のヒント | トップページ | スリーテン公式の解説【概要】 »

2015年4月 4日 (土)

ファロスストーブNo.1サイレントバーナー

ファロスストーブを入手しましたのでご紹介します。

YouTube版はこちら。

ニコ動版はこちら。
ファロスストーブNo.1サイレントバーナー

本家のオプティマスやプリムスは既にやめてるし、
武井バーナーは値段が高くなり気軽に買えないし、
マナスルは品薄で手に入らないし、
黄金色の真鍮製の灯油ストーブは、
現在入手が非常に難しくなっています。

そんな状況の中でファロスストーブは非常にお安く、
今現在(2015年4月)在庫もある様なので、
ものは試しにと購入して見ました。

ネットで色々と調べてみると、
ファロスストーブはポンプに根本的な問題を抱えていて、
みなさん自転車用のポンプを繋ぐ様に、
本体を改造して使っておられる記事が目につきます。

さてポンプがどんな風に問題なのか確認してみましたら、
驚くほどもの凄いことになっていました。
20回ポンピングして圧力がかかるのが1回あるかないかで、
たいていは空振りに終わってしまいます。
時々何かの拍子に圧力がかかり始めると、
しばらく圧力がかかりますが、
それもつかの間ですぐにスカスカ状態に戻ります。
これじゃ改造したくなるのも当然です。

色々調べてみるとポンプカップ(皮)のみに、
問題があることが判明しました。
ポンプカップ(皮)の根本的な問題は以下の2点です。
・加工精度が良くないので空気が漏れる
・皮の材質が良くないので耐久性がなくすぐ穴が開く
・皮の厚みが足りていない

ポンプカップ(皮)の根本的な問題を解決しないまま、
グリスをたっぷり塗って表面的に無理やり対応している状態です。
ポンプカップ(皮)にもポンプ内部にも、
これでもかと言うぐらいグリスが塗られています。

自分も自転車用のポンプ繋ごうかと思いましたが、
試しにゴムワッシャー使ってみたらバッチリでした。
無加工で標準のポンプカップ(皮)と交換できます。
加工していないのでいつでもオリジナル状態に、
戻せるメリットもあります。
(絶対に戻しませんけれど)

ゴムワッシャーの詳細な情報は以下の通りです。
名前:ゴムワッシャーM8×18×1.5
製造元:八幡ねじ
JAN:4979874825551

近所のホームセンターで4個入りで100円ちょいでした。
ネットでも購入できる様ですが送料が結構かかるので、
ご近所で探される事をお勧めします。

ファロスストーブ自体は大変良くできていて、
コストパフォーマンスに優れた製品だと思います。
手持ちのMSR国際と比較しての優位点は以下の通りです。
・予熱時間が短い
・音が静か(音域の低さが影響している感じ)
・自己加圧効果によりポンピング回数が少ない
・消火時の灯油臭さが少ない

個人的には買いだと思います。

« スリーテン公式のヒント | トップページ | スリーテン公式の解説【概要】 »

MSRウィスパーライト等」カテゴリの記事

コメント

偶然ですが(笑)、つい最近ファロスストーブを購入しました。
圧のかからないガタガタポンプを見た時はショックでした。
早速ゴムワッシャーを購入したいと思います。
というわけで、本日はホームセンターな一日になりそうです(笑)

しばさん、こんにちは。

圧力がかからない加圧ストーブ。
自分もビックリしました。

簡単な改造で動画の通り、
嘘みたいに圧力がかかります。
お試し下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587454/61387498

この記事へのトラックバック一覧です: ファロスストーブNo.1サイレントバーナー:

« スリーテン公式のヒント | トップページ | スリーテン公式の解説【概要】 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31