« キリ番プレゼント発送しました | トップページ | 竹の子ストーブの作り方2 »

2015年2月22日 (日)

竹の子ストーブの作り方

リクエスト頂いておりましたので、
竹の子ストーブの作り方を動画にしてみました。

YouTube版はこちら。

ニコ動版はこちら。
竹の子ストーブの作り方

元々竹の子ストーブはウコン缶の44mm缶がオリジナルです。
ウコン缶は結構種類がありまして寸法に自信がないので、
今回は66mm缶のデカい方での作り方のご紹介となりました。
今回の寸法は66mm缶だとたいてい大丈夫と思います。
もし不具合がある場合は寸法を微調整してお作り下さい。

底を切り取って上下逆にしてはめ込んで、
上部下端を折り返して底を固定するだけです。
突き当りまで押し込むのが一番難易度高いですが、
頑張って押し込んでみて下さい。

自分の場合だと床に押しつけて、
グラスの底を足で踏んで、
体重をかけることもあります。
工具揃っている方は万力(バイス)を使うと、
比較的楽に加工できると思います。

折り返しの部分が難易度高そうに見えますが、
実は大して難しくありません。
焼きなましを確実に行って、
少しづつゆっくり曲げて行けば、
絶対に失敗することはありません。
ただ最終仕上げ(押し付け)には、
そこそこ力が必要となります。

作り方自体はウコン缶も同じで違いはありません。
興味のある方はウコン缶でも挑戦して見て下さい。
個人的にはウコン缶の方が、
使い勝手が良いので好みです。

次回の動画は竹の子ランタン化つまり、
針金の巻き方にしようと思います。

« キリ番プレゼント発送しました | トップページ | 竹の子ストーブの作り方2 »

アルコールストーブ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは☆
リクエストにこたえていただきありがとうございます。
カット寸法も公開していただきましたので非常に参考になります。
しっかり焼きなましを行い、折り返しをしてみたいと思います。

しばさん、こんばんは。

底の切り出しは10mmが限度です。
10mm満たないとでっぱりが床に干渉して、
ダルマさん状態になります。
10mmの時点で実はダルマさんなのですが、
折り返しによってダルマ解消となります。

底の10mmに合わせて他のサイズも決定しています。
それではお楽しみ下さい。

りるびわーくすさん
こんばんは。
ふむふむ、なるほど、よくわかりました^_^
良く考えられていていつも感心してしまいます。
キリ番で頂きましたが、勿体無く、なんて言わずに活躍してもらおうと思います(^O^)/

ジョニーさん、こんばんは。

ガワの上と横と底でがっつり挟み込む構造です。
仕組みは簡単なので理解できれば、
あとは作るだけかと思います。

折り返しはとにかく少しづつゆっくり時間をかけて、
丁寧にやれば綺麗にできます。
お送りしたのは仕上がりいまいちなので、
申し訳なく思っています。

使ってナンボですのでどんどん使って下さい。
弱火がイケますので土鍋との相性バッチリです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587454/61178636

この記事へのトラックバック一覧です: 竹の子ストーブの作り方:

« キリ番プレゼント発送しました | トップページ | 竹の子ストーブの作り方2 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31