« 2014年7月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年9月

2014年9月28日 (日)

アルコールストーブ対決 トルネード編(認定報告)

ちょ~簡単トルネードストーブは、
トルネード方式のアルコールストーブの最高峰との認定が、
無事頂けましたので結果をご報告いたします。

元の記事はこちら。
アルコールストーブ対決 トルネード編

以下の通り認定を頂きました。

このブログ
→JSBさんtetkさんどちらもコメント頂けず。
twitter
→JSBさんtetkさんどちらも返事なし。
YouTubeでのメッセージ
→JSBさんtetkさんどちらも返事なし。
YouTubeの動画へのコメント
→JSBさんは返事なし。
→tetkさんはこちらのコメントをスパム化で非表示設定。

詳細はこちらでご確認下さい。
Google+(りるびわ~くす)
Testing eCHS : difference by aperture diameter

以上を持ちましてtetkさん及びJSBさんご両名から、
とても消極的ではありますが、
認定頂いたと判断しました。

今のところJSBさんからの反応を頂いておりませんが、
ご両名はアルコールストーブの意見に関して、
驚異的なシンクロ率を誇りますし、
ご本人から直接コメント頂けない以上、
tetkさんの認定を持ってご両名からの認定と、
断定せざるを得ない状況です。

フープストーブの優位性についてあれほど、
あちらこちらで力説されておられたのに
ご自分たちの旗色が悪くなると、
ダンマリを決め込まれるとは大変意外です。
もう少し歯切れの良い回答を、
頂きたかったのに残念でなりません。

ご認定ありがとうございました。

今後、ちょ~簡単トルネードストーブは、
トルネード方式のアルコールストーブの最高峰であると、
堂々と自称させて頂きます。

CHSやFREVO等のフープストーブは、
既に過去の遺物であり、
今や完全に時代遅れと、
JSBさんtetkさんもようやくお認めになりました。

ちょ~簡単トルネードストーブを超える、
トルネードタイプのアルコールストーブの開発を、
期待してお待ちしております。

2014年9月20日 (土)

アルコールストーブ対決 トルネード編

ちょ~簡単トルネードストーブは、
トルネード方式のアルコールストーブの最高峰と勝手に自称しております。
英語だと「The king of the alcohol stove of the tornado type」です。

自称するだけなら好き勝手で構わないと思いますが、
結果として嘘つきになってしまうのは本意でないので、
トルネード方式で有名なCHSおよびFREVOと、
勝手に色々比較してみました。

No
比較項目
CHS
FREVO
ちょ~簡単トルネード
1
作り易さ 難しい ちょ~難しい ちょ~簡単
2
完成までの
所要時間
最低24時間 最低24時間 30分程度
3
工具 ドリル必須 ドリル必須 ドリルなくても
事務用品の画鋲や押しピン
安全ピンでもOK
4
耐熱接着剤 必要 必要 不要
5
立ち上がり 遅い やや遅い ちょ~早い
6
ジェットの勢い 弱い やや弱い ちょ~強い
7
ジェットの向き シビア シビア ちょ~適当でOK
8
火力 強すぎ 強すぎ 強すぎだけれど
多少の改善策あり
9
燃費 悪すぎ 悪すぎ 悪すぎだけれど
多少の改善策あり
10
設計手法 手さぐり 手さぐり 数値モデル(計算式)あり
11
性能の再現性 悪い ちょ~悪い ちょ~良い
12
構造 寄せ集め 寄せ集め オリジナル
13
開発者 多数
(共同開発)
多数
(共同開発)
1人
14
著作権者 多数
(共同開発)
多数
(共同開発)
1人
15
販売 違法
(著作権違反)
違法
(著作権違反)
合法
(販売の予定なし)

表をご覧いただければお分かりかと思いますが、
どこをどう控えめに判断しても、
ちょ~簡単トルネードストーブが最も優秀であると言えます。
自分の認識に誤りがあれば、どうかご指摘お願いします。
ご指摘内容を検討して必要なら修正させて頂きます。

ご指摘頂けなければ沈黙による認定を頂いたと判断し、
ちょ~簡単トルネードストーブは、
トルネード方式のアルコールストーブの最高峰と、
自信満々で自称させて頂きます。

2014年9月16日 (火)

火力調整可能グルーブストーブ

大変お待たせしました。
グルーブストーブの火力調整ネタをご紹介します。

YouTube版はこちら。

ニコ動版はこちら。
火力調整可能グルーブストーブ

グルーブの突出し量を変更することで、
簡単に火力を調整できる様になっております。

GrooveStoveDesignerの設計値を、
簡単に確認することができますし、
当然1個で複数のクッカーやポットに、
問題なく対応もできます。
ただ部品が散逸し易いので、
個人的には屋外へ持ち出すのはあまりお勧めしません。

構造上グルーブと稼働壁の密着度が小さいのと、
今回はトゥインクルタイプのグルーブを使っているので、
ゼロ着火はやや苦手になっています。

使用中の火力調整はできなくはありませんが、
かなり難易度が高く危険を伴いますので、
くれぐれも気を付けてお試し下さい。

2014年9月 9日 (火)

お詫び リンクが表示されていませんでした

表示件数を超えてリンクを設定すると、
最初に登録したリンクが表示されていませんでした。
先ほどようやく気づいたので、
リンクの表示件数を変更し、
全てのリンクが表示される様になりました。

リンクの表示が消えていた皆さん、
大変申し訳ありませんでした。
謹んでお詫び申し上げます。

グルーブストーブを強風下で使ってみた

現在色々とバタバタしておりまして、
グルーブストーブの火力調整ネタをご紹介する予定でしたが、
動画を編集する時間が取れない状態が続いております。

お詫びとして以前撮影していた短いネタをご紹介させて頂きます。
再生時間は10秒ありません。
ついでにタイトルもクレジットもつけませんでした。

YouTube版はこちら。

ニコ動版はこちら。
グルーブストーブを強風下で使ってみた

あちらこちらで風防ネタが盛り上がっているので、
ただ単に乗っかりたかっただけとも言えます。

グルーブストーブはウコン缶によるミニタイプです。

紙袋と壁で風を遮っているつもりですが、
そんなの大して役に立たないのは、
皆さんよく御存じだと思います。

風防はご覧の通りスカスカです。
炎への風の直撃さえ防げれば良いので、
狭く囲い込む必要は全くありません。
狭く囲い込むと熱暴走するので却って危険です。

一般的にアルコールストーブは風に弱いのが定説ですが、
グルーブストーブはこの通り風に相当強いです。
但し風で熱が流されますので燃費は当然悪化します。

グルーブストーブで風防を使用される方は、
是非今回の動画を参考にして下さい。

追伸
次回はグルーブストーブの火力調整ネタやります。
たぶん。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年11月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31