« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月23日 (月)

ダイソー500マグでご飯を炊いてみた

ダイソー500マグで実際にご飯を炊くところを、
折角なので動画にしてみました。

9分を超える超大作となってしまいました。
ご覧になる方はご注意下さい。

YouTube版はこちら。

ニコ動版はこちら。
ダイソー500マグでご飯を炊いてみた

途中から蓋を外しています。
蓋を外した理由は単純です。
それは外した方が「盛り上がる」からです。

一般的にはご飯を炊くのは難しいとのイメージがありますが、
アルコールストーブを使うことによって、
火加減の調整をしなくて済む(できないとも言います)ので、
気を付けるのは加熱を止めるタイミングだけです。
動画の通りとても簡単に炊くことができます。

1合で大体大き目のお茶碗2杯分になります。
成人男性の1人1食分、
成人女性や子供だと2人1食分として、
十分な量ではないでしょうか。

1合でなく半合だともう少し楽に、
炊けるのではないかと思います。

ご飯炊いてコーティングして、
色々使ってコーティング剥がれたら、
ご飯炊いてコーティングして、
の繰り返しでマグカップと、
末永くお付き合いできます。

コーティングがしっかりしている間は、
スポンジによる水洗いだけで、
簡単に綺麗になります。
下手に洗剤を使うとコーティングが、
剥がれますのでご注意下さい。

マグの蓋も使っているうちに、
錆びやすくなるので、
ご飯炊きによるコーティングで、
防錆加工できるのではと睨んでいます。

2014年6月14日 (土)

ダイソー500マグ コーティング編

マグカップファンの皆さんお待たせしました。

ダイソーのマグカップの防錆処理について、
動画にまとめてみましたのでご紹介します。

YouTube版はこちら。

ニコ動版はこちら。
ダイソー500マグ コーティング編

本当に簡単にコーティングできてしまいます。
ご飯を炊くことにこんな意味があるとは、
自分も今回まで全く気づきませんでした。

ご飯を炊いた直後はもの凄い性能を発揮しておりましたが、
色々実験してい洗っている内にコーティング効果が薄れてきております。
効果が薄れてくればまたご飯を炊けば良いだけだし、
そんなに大した問題ではありません。

また繰り返してご飯を炊けばかなり強固な、
コーティングが得られると思います。

ダイソー500マグは錆びやすいSUS430なので、
今回ご紹介した方法で簡単に防錆処理が可能です。
当然SUS430以外のマグでも有効と思われます。

ただご飯の焼き色がついてしまいますので、
焼き色が苦手の方にはあまりお勧めできません。

ご飯の焼き色がつかない例えばお粥などでも、
同様にコーティングできるかどうかは残念ながら不明です。
お粥は炊くのに時間かかるしあまり好きでもないので、
追加実験する予定は今の所ありません。

以前ダイソー500マグについて容量の記載がないと、
書いておりましたがタグに小さく約450mlとありました。
謹んでお詫び申し上げます。

ただこの450mlは実用上の容量です。
アウトドア的にはマグカップは最大容量を記載するのがお約束なので、
このまま「ダイソー500マグ」で行かせて頂きます。

2014年6月 1日 (日)

トランギア用VW五徳沸騰試験編

お待たせしました。
トランギア用VW五徳での沸騰試験の様子を、
ようやく動画にまとめました。

YouTube版はこちら。

ニコ動版はこちら。
トランギア用VW五徳沸騰試験編

結論から言うと240mlの水が10mlのアルコールで、
沸騰できますのでトランギアTR-B25の燃費が、
決して悪くないことが、ご確認頂けると思います。

一般的にトランギアは燃費が悪いとされていますが、
トランギアの燃費は決して悪くありません。
トランギア本体に問題があるのではなく、
五徳の高さが高過ぎて火力が必要以上に強くなり、
無駄に燃料を消費している点に問題があります。

今回のトランギア用VW五徳の高さは、
汎用性を持たせてまだ高めにしています。
使用するポット専用に最適化すれば、
さらに燃費が追い込める見込みです。

アルコールストーブの燃費を語る上で、
以下の3条件の組み合わせが必須となります。
・アルコールストーブ本体
・組み合わせるポット
・五徳の高さ
燃費は上記条件の三位一体で決まります。

アルコールストーブ本体と組み合わせるポットが決まれば、
燃費の良い五徳の高さも密かに決まっているのですが、
五徳の高さに頓着しないままだと、
燃費の悪いままの五徳の高さで使用することになり、
燃費の良い五徳の高さを体験しないまま、
結果「燃費ワル!」となってしまいます。

アルコールストーブの燃費向上には、
五徳の高さをできるだけ低くすることがとても重要です。

これまで最適な五徳の高さについて、
言及されることがありませんでしたので、
燃費が悪いとされているアルコールストーブも、
実はただ単に五徳の高さに問題が、
あるだけの可能性があります。

トランギアの純正を含む市販の五徳は高さ取り過ぎです。
五徳の高さをもう少し低くすれば燃費が大幅に改善します。
トランギアをお持ちの方は五徳の高さについて、
もう少し検討されることをお勧めします。

尚、トランギア用VW五徳をご使用の際は、
できるだけ空焚きしないで下さい。
空焚きを行うと熱でワイヤーが弱くなって、
合わせ部分のかみ合わせが緩くなったり、
ワイヤーがポットの重さに耐えられなくなったりして、
使用中にポットがひっくり返ることがあり得ます。
くれぐれもご注意してご使用願います。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31