« ステルスストーブでグルーブストーブパワーアダプター | トップページ | アルコールストーブの耐風性能その2 »

2014年3月13日 (木)

アルコールストーブの耐風性能

解説ネタです。
すみません今回も長いです。

アルコールストーブを野外で使う上で避けて通れないのが風です。
風にどれくらい耐えられるかがいわゆる耐風性能ですが、
アルコールストーブにおける耐風性能は、
大変困ったことになっているのが今の現実です。

全く同じアルコールストーブを別の人が評価するとき、
ある人は風に強いと判断し、
別の人は風に弱いと判断することがあるからです。
性能は変わらず完全に同一なのに、
評価する人によっては全く逆の結果になってしまうのです。

その原因は耐風性能の評価基準が定まっていないからです。
実はアルコールストーブの耐風性能は2種類存在します。

<第1耐風性能> 燃焼の持続
風防なし風防機能なしの五徳を使用する状態で、
アルコールストーブの炎が風でかき消されることなく、
燃焼を持続できる能力を、
「第1耐風性能」と定義することにしました。

拙作だとだいたい以下の分類になります。

第1耐風性能をクリアできないもの
・ペンストーブ
・ゼロストーブ

第1耐風性能をクリアできるもの
・グルーブストーブ
・ステルスストーブ
・ちょ~簡単トルネードストーブ

第1耐風性能のクリアには、
グルーブ構造の優位性が見て取れます。

<第2耐風性能> 加熱の持続
風防なし風防機能なしの五徳を使用する状態で、
アルコールストーブの炎が風でかき乱されても、
ポットへの加熱を持続できる能力を、
「第2耐風性能」と定義することにしました。

拙作だとだいたい以下の分類になります。

第2耐風性能をクリアできないもの
・ちょ~簡単トルネードストーブ

第2耐風性能をクリアできるもの
・グルーブストーブ
・ステルスストーブ

第2耐風性能のクリアには、
サイドバーナーとして分類されている、
直載せ方式の優位性が見て取れます。

アルコールストーブを野外で使用するとき、
第1耐風性能をクリアするだけでは、
耐風性能は万全とは言えません。

第2耐風性能をクリアして初めて、
そのアルコールストーブは風に強いと、
堂々と名乗ることができます。

次回はなぜグルーブストーブが風に強いか、
ご説明したいと思います。

« ステルスストーブでグルーブストーブパワーアダプター | トップページ | アルコールストーブの耐風性能その2 »

アルコールストーブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587454/59287444

この記事へのトラックバック一覧です: アルコールストーブの耐風性能:

« ステルスストーブでグルーブストーブパワーアダプター | トップページ | アルコールストーブの耐風性能その2 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31