« グルーブストーブパワーアダプター | トップページ | アルコールストーブの耐風性能 »

2014年2月16日 (日)

ステルスストーブでグルーブストーブパワーアダプター

グルーブストーブ系列のアルコールストーブ用の
パワーアダプターをステルスストーブで使ってみました。

YouTube版はこちら。

ニコ動版はこちら。
ステルスストーブでグルーブストーブパワーアダプター

やっぱり0℃の水を直載せで使うには厳しいですが、
パワーアダプターを使用することによって、
ステルスストーブでも問題なくお湯が沸かせることが確認できました。

前回のグルーブストーブと今回のステルスストーブを比較して、
一番気になるのは本燃焼までの予熱時間だと思います。
グルーブストーブの約2秒に対し、
ステルスストーブは約8秒です。

構造自体は殆ど同じなのですが、
決定的な違いが上部構造にあります。
グルーブストーブは上部スッキリですが、
ステルスストーブは上部に構造物としての、
缶の上部がしっかり存在しています。

つまり上部構造物が冷えている間は、
本燃焼に移行できないことを意味しています。
上部構造物が暖まり回収熱によりアルコールが、
活性化されるまでのタイムラグが、
ステルスストーブの予熱時間の長さとなります。

毛細管現象によるアルコールの供給だけでは
全くもって説明できない現象です。
グルーブストーブ系列のアルコールストーブは、
毛細管現象だけでなく回収熱により活性化した、
アルコールが主体化し能動的に移動することによって、
燃焼していることが証明されている現象です。

予熱時間を短くし燃焼効率を向上させ低燃費を目指すうえで、
上部構造物は邪魔な存在でしかありません。
上部構造物をなんとかしない限り、
その分予熱時間が長くなり、
その分余計な燃料を消費し、
その分燃費が悪化します。

尚、トルネードタイプで上部構造物を極限まで小さくすることで、
予熱時間を短くしたのがJSBさんの「FREVO Stove」であり、
トルネードタイプで上部構造物を徹底的に撤去することで、
予熱時間をさらに短くしたのが拙作の「ちょ~簡単トルネードストーブ」です。

何か画期的な解決方法があれば面白いことになるのですが、
今のところ上部構造物は撤去するしか思いつかないです。

« グルーブストーブパワーアダプター | トップページ | アルコールストーブの耐風性能 »

アルコールストーブ」カテゴリの記事

コメント

りるびわーくすさん
こんにちは。
ステルスストーブで着火後、しばらく燃焼させてからおけば消えないことがわかりました。
おっしゃるとおり、これなら無駄なく最大限能力を発揮してくれそうですね。これは良い方法だと思います。

ジョニーさん、こんばんは。

ステルスストーブは穴が見えないのが特徴なので、
穴を見せない為に低燃費寄りでしか設計できません。

ダイソーのマグとは直載せだとギリギリOKかも?
ダイソーのマグより大きいポットを、
直載せで使用する時はアダプタをお試し下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587454/59140021

この記事へのトラックバック一覧です: ステルスストーブでグルーブストーブパワーアダプター:

« グルーブストーブパワーアダプター | トップページ | アルコールストーブの耐風性能 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31