« MSRウィスパーライトインターナショナル改造 | トップページ | グルーブストーブ炎上の解説 »

2013年9月28日 (土)

ちょ~簡単トルネードストーブ青鬼

新型のちょ~簡単トルネードストーブです。
ただでさえ火力が強いちょ~簡単トルネードストーブをワイド缶で作ってみました。

YouTube版はこちら。

ニコ動版はこちら。
ちょ~簡単トルネードストーブ青鬼

動画でもお分かりの通り結構な火力です。
小さ目の鍋だと確実に炎がはみ出ます。

最近のワイド缶特にビール関係はアルミが相当薄くなっています。
今回の缶も感覚的にはレッドブル缶よりも薄いです。
グルーブや折り返しが簡単になるので、
加工に関してはワイド缶の方が初心者向きと思います。

ただ強すぎる火力をもてあます可能性大です。

自分としては小さく作って低燃費を目指す予定でしたが、
お店でこの缶と目が合ってしまい、
作ってくれと言われたので作ることになってしまいました。
出会いとは面白いものです。

« MSRウィスパーライトインターナショナル改造 | トップページ | グルーブストーブ炎上の解説 »

アルコールストーブ」カテゴリの記事

トルネードストーブ」カテゴリの記事

コメント

よなよなはパッケージデザインが良いですよね^^
青鬼のロゴが絶妙な位置です・・・

最近は、私も内部に350mlのビール缶を多用しています。

よなよなのパッケージデザインは秀逸ですね。
デザインに勢いと言うか遊び心を感じます。

350mlのビール缶は本当に薄くなりました。
材料が薄くなるのは強度以外は、
加工し易いし熱を浪費しないし、
アルコールストーブにとって良い事ばかりです。

早速作りました。

五徳の調整で手こずりましたよ(笑)
ストーブからポットまでの距離6~7cmで150ccの水が
2分で沸騰。

火点を探すのに ラーメン、目玉焼き、コーヒー4杯も消費しました。(爆)

ひま?じぃさん、こんばんは。

実験できっちり消費されてますね。
自分は面倒なのでもっぱら水専門です。

75mm高の五徳と平型ケトルで、
(ストーブ本体40mmなので、
ストーブからポットまで35mmです)
400mlの水が3分30秒で沸騰しました。
マグだと炎がはみ出ていまいちです。

ところで缶はどれをお使いになりました?

おはようございます。

返信が遅くなり申訳ございません。

鬼伝説の赤鬼です。アオに対抗した訳ではありませんよ(笑

これから紅葉の那須岳に行ってきます。

あれ、びま?じぃさんですか?

早速、鬼伝説をネットで検索してみました。
なんともアルコールストーブにバッチリのパッケージデザインですね。
鬼伝説との青鬼対決も面白そうです。

まだお店で出会ったことないので、
気を付けて探してみます。
情報ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587454/58281511

この記事へのトラックバック一覧です: ちょ~簡単トルネードストーブ青鬼:

« MSRウィスパーライトインターナショナル改造 | トップページ | グルーブストーブ炎上の解説 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31