« 給湯燃料率 | トップページ | ペンストーブで爆発 »

2012年9月30日 (日)

ペンストーブの使い方

ペンストーブにはこれまで無理をさせ過ぎました。はっきり言って本来の能力以上の仕事を要求しておりました。
今回は大いに反省して、ペンストーブの正しい使い方について動画を作成しました。

YouTube版はこちら。

ニコ動版はこちら。

ペンストーブの使い方

動画でも説明しておりますが、ペンストーブは200mlの水を沸かすのが得意です。
10mlのアルコールで200mlの水を約9分で沸かします。
10mlのアルコールで300mlの水を約10分で沸かします。(条件が良ければ)

尚、L字金具2個のLLゴトクで使用すると、空き缶3個のゴトクよりやや燃焼効率が向上します。
Nico-Tech Expo 2012ではペンストーブとステルスストーブを販売する予定です。

« 給湯燃料率 | トップページ | ペンストーブで爆発 »

アルコールストーブ」カテゴリの記事

コメント

なるほど! エコナベ  ですね
保温調理と組み合わせると、さらに余裕が出てきそうです

缶詰をそのままゴトクに使うアイディアに脱帽です
平たい缶詰(アンチョビなど)では、Booon! も無く加熱出来ています

今回の実験では、中央に煙突状の気抜き穴(笑)を
開けてから実験したら、多少は改善するかもしれません

BPLなどを見たら、鉛筆立て などを上手く流用しているようです
私も 籠などを、100均店の棚で 再チェックしなきゃ 遅れちゃう(爆)

JSBさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

スーパーで普通に売っているもので高さ5~6cmで不燃物探してたら缶詰になりました。
普通は缶詰の中身で購入の判断をしますが、自分は容器が欲しいかどうかで判断し、中味は利用できると嬉しいかもレベルです。

スーパーで缶詰の容器を指の関節で図っている怪しいおじさんがいたら、たぶんそれは自分です。

いつもネタがぶれまくって申し訳ありません。
いつもそのネタにお付き合い頂きありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587454/55786043

この記事へのトラックバック一覧です: ペンストーブの使い方:

« 給湯燃料率 | トップページ | ペンストーブで爆発 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31