« グルーブストーブ差し上げます | トップページ | ペンストーブの作り方 »

2012年8月12日 (日)

グルーブストーブ発送のお知らせ

無料プレゼント企画のグルーブストーブを本日発送しました。

結局のところ送料の安さに負けて、定型外の普通郵便で送りました。
窓口で確認したところ明日か明後日の月・火にはお手元に届く予定です。
当選メールにご返信頂いた方、もうしばらくお待ち下さい。

当初の予定では3名の方のみでしたが、なんとかなるお申し込みの数だったので、勝手ながら申し込まれた方全員当選とさせて頂きました。

土曜は量産のテストも兼ねて、グルーブストーブ三昧でした。
結論から言うとグルーブストーブの手作りは大変です。細かい作業の連続で手作りだと途中で心が折れそうになります。形状的に機械加工での大量生産には向いているんですけれど。

折角いっぱい作ったので記念写真を撮っておきました。

Photo

一度やってみたかったのです、グルーブストーブのピラミッド。
一番上に載っているのは、ステルスストーブです。
ステルスストーブはYouTube経由で嫁入り先が決まっており、今回の機会に作り直しました。

そう言えばまだ一部の方から送り先の返信メール頂いておりません。忘れずに返信お願いいたします。

« グルーブストーブ差し上げます | トップページ | ペンストーブの作り方 »

アルコールストーブ」カテゴリの記事

グルーブストーブ」カテゴリの記事

コメント

グルーブストーブ届きましたぁ^v^精巧な作りに感動です!!
手に取ってみると、あらためて製作の大変さが分かります。
貴重なお休みをさいて製作していただいたストーブ、大切に使わせていただきます。
高機動!!

H.M.Eさん、こんばんは。

見た目は華奢ですが、そこそこ丈夫です。
どんどん使って見てください。

このブログでもご自身のブログでも構いませんので、
レポートよろしくお願いいたします。

本日ストーブ無事届きました。
ありがとうございます。実は今日山梨のキャンプ場から帰ってきたところでして、
持っていけなかったのが返す返す残念です。

さて早速梱包を解きまして拝見させていただきましたが、やはり私の自作品とは
月とすっぽんの差ですね。不器用だとご謙遜されていましたけど、とんでもない!
私の自作品を良くしっている妻も一目みて「あなた、缶が無駄だからもう作るのやめたら?」と言ったくらいです。これを無料で、しかも送料まで負担いただいて使うのがもったいないくらいです。本当にありがとうございます。

とか、言いながら早速コーヒーを入れるのに使用してみました。その時の結果を
お知らせしようかと思います。

私、キャンプはもちろん自宅でも使い勝手が良いのでトランギアのアルミ製0.9リットル
ケトルを使用しております。底は円形で直径15センチ。
燃料を説明書通りリミットの20cc入れ、薬缶に0.7リットルの水を入れまして火にかけました。因みに置いた場所は台所シンクのステンレスの上です。すると燃料切れの一分程前に穴からしみ出したアルコールがステンレスにこぼれストーブの周りに燃え広がりました。

自作の時もこのような暴走はありましたので、ささっと処理しまして、次に燃料を15ccに減らした処、今度は最後まで暴走しませんでした。

置く場所や風など、条件によって変わると思いますが、もしかすると直径15センチの調理器具に20ccでは多いのかもしれませんね。今度は20ccで鍋底直径の小さい、スノーピーク社の丸型クッカーで湯沸ししてみようかと思います。

とにかく動画どおりの素早い立ち上がりには感動ものです。元々副室加圧のサイドバーナータイプが一番好きなのでうれしくて仕方ありません。

重ね重ねありがとうございました。新作も期待しております。がんばってください。

cinnamonさん、こんばんは。

仕上がりは気にいらないところばかりで申し訳ないです。
これ以上やると取り返しがつかなくなるギリギリのところで諦めております。
CNCが欲しい今日この頃です。

早速使って頂いて、ありがとうございます。
残念ながら鍋底直径15cmは非推奨です。
一応説明書に書いているのですが、もう少し目立たせる必要がありそうですね。

ご存知の通り、大きめの鍋を使う場合は、燃料を少なめにして頂くことで対応可能です。逆に小さめの鍋を使う場合は20mlよりも多めに入れても大丈夫です。データとして定量化できないので、説明書には明記しておりません。

レポートありがとうございました。

これからもよろしくお願いいたします。

ああ!ホントだ!ちゃんと説明書に書いてありますね。
しっかり全部読んだつもりが見落としておりました。
いやはや危ない危ない。
 
まあ、しかしながらクッカー専用とすればいいわけですし、
ケトルは今までどおり自作品を使えばよいわけでグルーブ
ストーブの魅力に何の陰りも落とすものではありませんからね。

コンパクトにまとまりそうなので、ソロのツーリングに持っていくのが楽しみ
です。

このストーブは小さい鍋での低燃費を最大の目標としています。
ストーブにも色々と種類がありそれぞれ得意不得意がありますので、
使い分けるのが現実的ですね。
1台でなんでもというのが自作派の目標ではありますけれど。

グルーブストーブ届いております、ありがとうございます。

燃料用アルコールの入手から始まりましたので、報告遅れました。
ごめんなさい。
写真で見るのと違い、それはそれは細かな加工がされていて、変な言い方ですが...

グルーブストーブ、惚れ直しました!

ステンレスコッヘル、シェラカップを用意しアルコール注入(計量器の準備は忘れてました)。
点火、ボッという音とともに着火、みるみる間に青く収束された綺麗な炎に!
空焚きは良く無いと説明書に記載されていたので、残念ですが見とれてる場合では無いとコ
ッヘルに水を入れセット、ぼぉーお、という音と青い炎を、ぼぉーっと見ながら(笑)過ごし
、沸いたお湯でインスタントコーヒーをいただきました。満足。
家族の理解を得るのには、少し時間がかかりそうですが...(笑)。
それでは、また。

gtr0330さん、こんばんは。

早速使って頂いてありがとうございます。
それに惚れ直して頂き恐縮です。

クッカーや鍋を載せた時の炎も綺麗ですね。炎が帯状なので勝手にオーロラと呼んでおります。
空焚き時の炎もダイナミックで自分も好きです。脈動する様子からビートと呼んでおります。

空焚きでビートを楽しむ場合は、安全のため周囲50cm以内に燃えるものを置かないで下さい。空焚きは燃費がすこぶる悪いです。
屋外でキャンプファイヤー代わりに使うのも面白いかも知れません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587454/55409818

この記事へのトラックバック一覧です: グルーブストーブ発送のお知らせ:

« グルーブストーブ差し上げます | トップページ | ペンストーブの作り方 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31