« 軽量アルコールストーブ | トップページ | Groove Stoveの特徴 »

2012年6月 7日 (木)

名前を決めました

アルコールストーブは形式によって名前がついています。例えばオープンフレーム型とかチムニー型とかサイドバーナー型とか色々あります。
詳しくはこちらをご覧下さい。
Zen Stoves

自分が作ったアルコールストーブは、これまでのどの型にも当てはまらないので、勝手ながら名前をつけることにしました。

候補として挙がったのが以下です。
・内壁の溝が燃料を吸い上げるので、「Wall Tube」。
・構造的な特徴である溝を意味するであろう単語、「Slot」「Flute」「Groove」。

色々考えた結果、音の響きが一番しっくりきた「Groove Stove」に決めました。
本来の意味と違うかも知れないのが、少しだけ心配です。

Groove Stove

« 軽量アルコールストーブ | トップページ | Groove Stoveの特徴 »

アルコールストーブ」カテゴリの記事

グルーブストーブ」カテゴリの記事

コメント

I always spent my half an hour to read this web site's articles or reviews all the time along with a cup of coffee.

Welcome to my blog.
I'm sorry, I did not become aware for a long time about your comment.
Do you have any request?

ベル&ロス(Bell&Ross)ってどんなブランド?
今回、テスト機として選んだのは、このモデルである。
長年の交友関係にあったブルーノ・ベラミッシュ氏とカルロス︲アントニオ・ロシロ氏がパリで自分たちのブランドを立ち上げるべく手を組んだのは、1992年のことである。
もちろんベル&ロスを象徴する「ユニークさ」もその大きな要因ですが、創業者であるブルーノ・ベラミッシュ氏のデザイン性とカルロス・ロシロ氏の戦略性のタッグが現在のポジションを築き上げたように思います。
ブラックカーボンやステンレスの耐久性・耐傷性はスポーツシーンやアウトドアでの使用に最適。
にもかかわらず、ベル&ロスがブランド創設以来、航空機や軍用機といったテーマにこだわり続けるのはなぜか。
趣味や職業で飛行機を操縦する時計愛好家は極めて少ないだろう。
機能美がクローズアップされてきたベル&ロスが、また新たな領域に入ったことを感じさせる潮流のようなシリーズです。
当時のモデルはその機能的なデザインから、ジン特有の性格が前面に押し出されたものであり、今日ならひと目で分かるベル&ロスならではのデザインコードはまだ生まれていなかった。
両氏は、パイロットのための機能的なタイムピースを作るという明確なコンセプトを当初から持っていた。
2013年にリリースされた「BR 03︲92 ゴールデン ヘリテージ」は、ミドルサイズでありながら圧倒的な存在感を放つ。
ベル&ロスの場合も、文字通り「地に足の着いた」地上の顧客のほうが圧倒的に多いはずである。
黒文字盤と黒いケース、そして、純白の夜光針とインデックスを備えたベル&ロスの特徴的なベーシックモデルに比べると、ゴールデン ヘリテージはそのエレガントな佇まいがゆえにブランドのイメージに合っていないのではないか、という意見もあるだろう。
モデルネームにある「92」はETA製キャリバー2892を意味する数字だが、今日では構造がほぼ同じセリタ製のSW300が搭載されている。

偽物ブランド時計 https://www.cocotu009.com/product/detail-9272.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名前を決めました:

« 軽量アルコールストーブ | トップページ | Groove Stoveの特徴 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31