« 名前を決めました | トップページ | Groove Stove簡易版の作り方 »

2012年6月10日 (日)

Groove Stoveの特徴

Groove Stove(以下、本器と記します)の特徴には以下があります。

軽量
通常のサイドバーナー式だと重さは約10g前後です。
本器はたったの6gしかありません。
見かけとても華奢ですが、耐荷重は1kgまで大丈夫です。
実験で1.3Kgの鍋に700mlの水を入れて燃焼させて見ましたが、強度的には全く問題ありませんでした。
1.3Kgの鍋ともなると安定性の方が問題になりますので、お試しになる場合はくれぐれもご注意下さい。

短い予熱時間
本器の予熱時間は本当に短いです。
通常のサイドバーナー式だと予熱時間は短くて30秒、長くて1分30秒程度かかります。
実測では約1秒で本燃焼に移行しますが、余裕をみて公称3秒としています。

高い燃焼効率
本器は予熱時間が短いのと、鍋底からあまり炎がはみ出ないので無駄な燃料を消費しません。
通常のサイドバーナー式だと400mlの水を沸かすのに30~40ml程度の燃料が必要です。
本器では400mlの水は15mlの燃料で完全沸騰します。
(実験データ:水温16℃、気温18℃、無風、クッカーの蓋なし)

« 名前を決めました | トップページ | Groove Stove簡易版の作り方 »

アルコールストーブ」カテゴリの記事

グルーブストーブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587454/54930412

この記事へのトラックバック一覧です: Groove Stoveの特徴:

« 名前を決めました | トップページ | Groove Stove簡易版の作り方 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30